禁煙による心因や息の臭いの変化

昔からよく言われているのが煙草を吸うと気分が落ち着いたり気持ちが高揚するといった心因性の変化です。例えば気分が沈んでいる時に煙草を吸うと元気になれるという効果があると言われていますので、煙草にもメリットがあるように思われることがあります。
しかしながら心因を安定させる為には禁煙をしてしまった方が良いとされているのです。禁煙をした方が精神は安定すると言われていますし、むしろ喫煙をしている時の方が煙草を吸えないイライラなどで精神が不安定になってしまいます。実際に医学的な統計もあり、サンプルデータを調べたところ禁煙をしても精神状態が悪化することはなく、やはり喫煙のメリットはないとされているのです。
禁煙をしていると鬱のような状態になることもありますので精神のバランスが悪くなっている不安を感じるかもしれませんが、そのような鬱状態は一時的なものであり次第に改善されますのでしばらくの我慢として考えておくと良いでしょう。
心因の変化が起こるのが禁煙のメリットですが、しかし違いを実感し難いこともありますので煙草をやめる励みになり難いかもしれません。もっと明確に違いを実感できることがあれば励みになると言えますが、例えば息が臭くなくなります。
喫煙をしている人間の息は独特の臭いがしますので、エチケットの観点からも対策が必要です。しかし喫煙をしている限りは歯磨きなどをしっかりと行っても改善することは難しい傾向があります。ところが禁煙をすると数日もすればヤニ臭さが改善されますし、殺菌作用のある唾液の分泌量も増えて息が臭くなるのです。明確な変化を実感できるはずですので、禁煙の励みとして変化を楽しんでみると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る