排煙しノルアドレナリンを出さずに禁煙

喫煙すると、脳内にノルアドレナリンという物質が分泌されます。
ノルアドレナリンというのは、煙草の煙が体内に入ることにより、神経系に刺激を与え、通常とは異なる体内環境を生成してしまいます。
とても粒子が細かい成分なので、分煙化され排煙が効率的に行われている場所であっても、非喫煙者においても、脳内にノルアドレナリンが分泌されます。
どれほど効率的かつ、効果的に排煙しても体内に取り込まれてしまうので、喫煙者が禁煙する以外に対策は存在しません。
しかし、現在喫煙している方が禁煙を目指すというのは、難しいことです。
それは、禁煙すると煙草によるリラックス効果が得られないと考えるためです。
ところが、喫煙者が煙草を吸うことにより、リラックスした気持ちになるのは、煙草が関与しているわけではありません。
配合されている有害物質が、脳をリラックスした状態にする効果があるのは事実ですが、一時的に過ぎません。
つまり、体内に存在しているニコチンや、タールといった有害物質が不足した段階で、不足分を補う形になるため、リラックスした気持ちになるのです。
ただし、非喫煙者は体内に有害物質が存在していないので、煙を吸い込んでもリラックスすることなく、嫌悪感を抱くだけです。
実際に、現在タバコを吸っている方も、成人を過ぎて初めて吸った時には、美味しいとは感じなかったと言えます。
現在は、世の中全体が禁煙化になっています。
各所で排煙の動きが広まり、いかに身を置く場所の空気を綺麗に保つかが、ポイントとされているのです。
そのため、排煙装置を手掛けるメーカーの売上が、年々増進しているとされています。
今後も、禁煙のブームが続くことは確実視されています。

ページの先頭へ戻る