愛煙家が禁煙し脂質異常症を予防

愛煙家の方は、禁煙家の方に比べると、脂質異常症に陥る危険性が高いです。
脂質異常症というのは、愛煙家のように定期的に有害物質を体内に取り込む事で、生じる病気です。
当然、非喫煙者や禁煙家は身体に好ましくない物質を取り込む習慣が無いので、脂質異常症になってしまう心配はありません。
愛煙家が禁煙しない事による、害は脂質異常症だけではありません。
それは、ニコチン中毒も例外ではありません。
中毒と聞くと、一般人には馴染みの無い事柄のように感じてしまいますが、中毒症状というのは身近な症状の一つです。
愛煙家は、基本的にニコチン中毒に陥っていると考えて間違いありません。
ニコチンによる、中毒症状が引き起こされることで生じるのは、突然イライラした気持ちになったり不安になるということです。
こうした症状は、体内にニコチンが取り込めない時間が長く続くことにより発生します。
このような症状が起きている時に、喫煙すると途端に辛い症状が改善されるのです。
しかし、禁煙すればこういった苦しい気持ちになる必要がありません。
愛煙家の方は、喫煙することが当たり前になっているので、イライラした気持ちなどを抑制させるためには、煙草を吸う以外に方法が無いと考えがちです。
ところが、実際は禁煙するだけでこれらの症状から解消されることを考えると、タバコで解消することは非効率的です。
しかも、禁煙すると精神を穏やかにする時間が確保できなくなるので、気持ちを一定に保てる自信が無いという声も聞こえてきます。
こういった考えは誤りで、近頃の研究によると禁煙した方が精神的に良い作用をもたらすと報告されています。
タバコを吸わない方が、身体に良いのは確実です。

ページの先頭へ戻る